いい湯だなと言いたい生活

ランニングやアウトドアのことを中心に書いていきます

東京マラソンを紹介します

f:id:iiyudana66:20181116064620j:plain

記録的な酷暑も収まりいよいよマラソンシーズンがやってきましたそんなマラソンのデビューに東京マラソンを選ぶ人も少なくないのではないでしょうか?完走が心配な人の為に、少しでも有益な情報をお伝えできたらなと思います。まだ間に合います!

東京マラソンとは

マラソンですのでメインの種目は42.195㎞のフルマラソンです。元々は東京国際マラソンや東京国際女子マラソンというエリートのための大会があり、これらを集約してロンドンマラソンやボストンマラソンのような市民参加型の大規模大会にした大会です。ちなみにワールドマラソンメジャーズという世界の主要レースをシリーズ化したプログラムに参加しているため、世界的にも注目度の高いレースです。

東京マラソンのコース

細かく書くと長くなるので割愛しますが、東京新宿にある都庁を出発し、浅草、日本橋、銀座を通って品川で東京タワーを眺めて折り返して日比谷から東京駅でゴールです。ざーっと書きましたが、フラットで道幅も広くしっかり舗装されているのでとても走りやすいコースです。

東京マラソンの開催時期

2019年は3月3日です。例年2月下旬なのでとても寒いです。雨が降った年もありますので、この辺りは完走率に影響してきそうです。

東京マラソンの制限時間

東京マラソンの制限時間は号砲から7時間です。これはとても長く設定されています。交通規制は順次解除されるとはいえ、東京でこれだけの制限時間を設けられるオペレーションは相当なものです。

東京マラソンの定員

定員は38000人(マラソン37500人、10km500人)となっており、国内のマラソンレースでは最大規模です。

東京マラソンの完走率

f:id:iiyudana66:20181115231218j:plain

2010年は他の年に比べて若干完走率が低い(この年が雨の大会!)ですが、走りやすく制限時間も長いため比較的高い完走率です。ちなみに2018年8月26日に行われた北海道マラソンの完走率はおよそ81.9%でした。北海道とはいえ真夏の大会は過酷です。

賞金はあるのか?

東京マラソンは賞金が出ます。2018年大会では以下のようになっていました。

順位に対しての賞金

1位 1100万円
2位 400万円
3位 200万円
4位 100万円
5位 75万円
6位 50万円
7位 40万円
8位 30万円
9位 20万円
10位 10万円

記録に対しての賞金(いずれも男女とも優勝者のみ)

世界記録 3000万円
日本記録 500万円
大会記録 300万円

昨年日本記録を出した設楽悠太選手が1憶円を獲得しましたが、これは東京マラソンからの賞金ではなく日本実業団陸上競技連合から支払われています。財源が無くなるまで出すそうですので、今年も出るかもしれませんね。

 

東京マラソンは完走の難しくない大会だと思います。私は東京マラソンは走ったことはありませんが、東京マラソンのコースは走ったことがあります。やはり「走りやすい」と感じました。また仲間の応援にも回ったことがありますし、12回の歴史の中の半分以上で東京マラソンボランティアを経験しています(これは抽選に漏れたから仕方なくですが)。そこで感じるのはとにかく沿道の応援が凄いことです。走りやすいコースに沿道の応援。ボランティアや運営スタッフによる手厚いサポートなど、やはり日本ではNo.1の大会であり、高い完走率を維持できているのも頷けます。