いい湯だなと言いたい生活

ランニングやアウトドアのことを中心に書いていきます

ランナーにはつきものの腸脛靭帯炎について紹介

f:id:iiyudana66:20181208165425j:plain

走り始めの人もそうでない人も、走り続ける限り付きまとうのが「ケガ」です。今回はランナーにも代表的な「腸脛靭帯炎」について書こうと思います。医学的なことは全く分からないのですが、私の経験を元に書きますので当てはまる人もいると思います。

腸脛靭帯とは

腸脛靭帯とは、上部は脚の付け根(大腿部)から下部は膝下まで、脚の外側を通っている大きな靱帯です。

腸脛靭帯炎とは

腸脛靭帯は膝の屈伸運動をすることによってその内側にある骨(大腿骨の下部)の出っ張りとぶつかります。その時に生じた摩擦によって起こる炎症が腸脛靭帯炎です。

腸脛靭帯炎の症状

屈伸運動をした時に膝の外側が痛みます。私は階段を含めた昇りで強く痛みが出ることがあります。

対策

腸脛靭帯炎にならないためには走りすぎないことが一番です。また日ごろから柔軟性を高めるためのストレッチをしておくといいです。ランニング後のアイシングも効果的です。

腸脛靭帯炎になってしまったら

安静にする

まずは安静にしましょう。痛みが引くまで走らないのが無難です。過度な屈伸運動さえしなければ痛みは出なかったはずなので、休むのが一番です。

ストレッチ

痛みが引いてからやりましょう。「ストレッチ万能説」みたいな考えもありますが、ストレッチも負荷がかかるので炎症を起こしている個所に対してストレッチをしていては炎症の原因は取り除けません。マッサージも同様です。

ランニングフォームを見直す

腸脛靭帯炎になる人は脚の外側に負担がかかる走り方になっていると言われます。シューズの減りが外側に寄っているのであればそれが原因の一つだと思いますので、フォームを改善することを意識してみましょう。私も以前は外側に負担がかかっていました。私はフォームを直しましたが、その分蹴り上げを強くしましたので結果的に屈伸運動で靭帯にかかる負荷が大きくなり今でも痛みが出ます。ただしそういう時は蹴り上げないフォームに変えて走りますので痛みは抑えられています。

走りたいのに走れないとモヤモヤしますよね。痛みが出ないようにケアしておくことが一番ですので整理体操やアイシングは日ごろから続けるようにしましょう。