いい湯だなと言いたい生活

ランニングやアウトドアのことを中心に書いていきます

EPIgas APSA-III STOVEを買いましたので紹介します

購入したのはEPIgas APSA-III STOVEです

かねてからシングルガスバーナーが欲しいなと思っていました。キャンプでも使いたいし~登山でも使いたいし~と。言うほどキャンプも登山もしていないのですが、いざという時のためにと思い持っておこうと。

APSA-IIIの特徴

いわゆる分離型のバーナーです。そのため重心が低く安定感があります。ゴトクは2段階に径を調節できます。また出力も3000kcal以上なので、多人数での使用に向いていますね。手元に点火スイッチと火力調節バルブもあるので使いやすいと思います。重量は425gと他と比べて重いです。ケース込みだと500gを超えてきます。ケースのサイズはH180mm×D96mm×W104mmと大きめです。

サイズ 最大使用時/H90×Φ250mm(ゴトク径/Φ160mm)
最小使用時/H90×Φ226mm(ゴトク径/Φ140mm)
収納時/H180×D96×W104mm 
重 量 425g
出 力 3360kcal (230Rカートリッジ使用時)
最高出力 4000kcal (230P+カートリッジ使用時)
ガス消費量 280g/h
燃焼時間 約85分
付属品 専用ケース

f:id:iiyudana66:20190119203959j:plain

ケース収納時

ケースに収納するとこんな感じです。

f:id:iiyudana66:20190119202632j:plain
やはりケースの大きさは気になるところですが、とりあえずすっと綺麗に入ります。このケースを他のバーナー用にしたり小物入れにしている人もいるようですね。

見た目

f:id:iiyudana66:20190119202707j:plain

見た目はこんな感じです。スノーピークのヤエンやプリムスのスパイダーなどのメカメカしい感じが最近の主流でしょうか?それに比べるととても無骨で私好みです。発売が2000年ということを考えれば当然ですね。ホース部分については柔軟性があり取り回しはいいです。

手元の操作

f:id:iiyudana66:20190119202749j:plain

オレンジ色のボタンが点火スイッチで+−が書かれているのが調節バルブです。片手でも操作できるのが嬉しいですね。点火はバルブを+に少し回してガスを出して、オレンジ色のボタンを押します。ガスを出してしまえばライターでも付きますね。寒いのでカートリッジはパワープラスを買いました。

せっかく買ったのでコーヒーを淹れました

f:id:iiyudana66:20190119202829j:plain

取り敢えず点火だけではつまらないので、コーヒーを淹れてみました。屋外で炎がよく見えなかったこともあり最大出力にはせずにお湯を沸かしましたが200mlが3分くらいで沸いたので遅いとは感じませんでした。豆を挽きながら沸かしてちょうどいい感じですね。

f:id:iiyudana66:20190119202856j:plain

EPIgas APSA-III STOVEにした理由

f:id:iiyudana66:20190119202554j:plain

数あるシングルバーナーの中でなぜAPSA-IIIしたのか?私がポイントにした部分を書いておきます。

一体型か分離型か

ほとんどの人がまずここで選択をすることになると思います。最初から両方買おうとする場合は別だと思いますが。

一体型

カートリッジにバーナーを直接付けるタイプです。そうすることでホースもいらなくなりますし軽量化が図れます。ただし高さが出るので大きな鍋や不整地では不安定になり不向きとのことです。

分離型

カートリッジからはホースなどを通じてガスを供給するタイプです。高さがない分、安定性が出ますし、カートリッジからの距離もあるので出力が大きいものが多いです。ただし嵩張り重いというデメリットがあります。

重さは体力でなんとかしますので、大に小を兼ねさせて分離型を選びました。そうなるとあとはメーカーです。

メーカー選び

メーカーはイワタニ・プリムスかスノーピークかEPIに絞りました。もちろんどれも信頼と実績のあるメーカーです。

イワタニ・プリムス

最初はプリムス一択のつもりでした。ウルトラ・スパイダーストーブⅡでほぼ決まっていました。軽く、燃費も良く、ゴトクの径も可変式で言うことありません。

スノーピーク

ヤエンストーブ・ナギも軽量で安定性が高く候補に入りましたが、ゴトクの径調整が無いのと出力が2800kcalだったので候補から外しました。あと付属品が多く物を失くしやすい自分には不向きな気もしました。

EPIgas

最初はプリムス一択という事もあり調べもしませんでした。プリムスに決めて、最後にもう一回他と比べようと思ったところこちらを見つけたという次第です。出力、径ともに大きく見た目も無骨ということもあり見つけたら割とすぐ気に入りました。重さに対してネガティブなレビューもありますが、上にも書いたようにそこは体力でカバーです。

 

ということでEPIgas APSA-III STOVEを選ぶに至ったというわけです。山などで使用したレビューはそのうち!