いい湯だなと言いたい生活

ランニングやアウトドアのことを中心に書いていきます

今年前半の目標は富士登山競走で来年の山頂コースの資格を取ること

f:id:iiyudana66:20190403215159j:plain

新元号「令和」も発表されて平成が終わる寂しさと共に新しい時代が始まることへの期待もあります。いい時代にしていきたいですね。

ということで今更ながら今年前半の目標は来年の富士登山競走山頂コースのエントリー資格を取ることにします。

山頂コースの資格とは?

大会ホームページにはこのように書いてあります。

※山頂コース参加資格の注意点

69回大会において五合目関門(五合目ゴール)通過時間が2時間25分以内、または第70回大会、第71回大会のいずれかにおいて2時間20分以内の実績のある者とする。

 この2時間20分以内でのゴールを目標にしたいと思います。

山頂コースの参加資格を得るために必要な走力

山岳レースとはいえ参加者でロードレースの経験が無い人というのはほとんどいないと思います。ということでどのくらい走力(目安)があればいいのかネットを探ってみたところ、大体の人が「フルマラソンで3時間30分」と言っています。

あれ?3時間30分?という感じです。数年前とはいえベストは3時間4分です。昨年参加したフルマラソンでは練習もろくにせずファンランに徹して給水給食など楽しみながら走って3時間30分でした。

これ、もらっちゃったかな?

と、思いたいところですが数年前に参加した際は体調が悪かったとはいえ今よりもしっかり走れていたはずです。にも関わらず権利取りに失敗するということは足りない物や余計な物があるはずです。それらをしっかりとキレイにして、油断せずに確実に獲りにいけるように持っていこうと思います。

練習の基本軸

平坦はそれなりに走ることはできます。しかし求められるのは坂を駆け上がる力ですので、山道を含めて坂道や階段を用いた練習を多く取り入れていこうと思います。試走は最高の練習になるはずですので、本番までに数回入れられたらなと思います。

 

f:id:iiyudana66:20190403215802j:plain

何かを変えなきゃいけないと思っている中で、変われなかったあの時に戻って変わろうとするのもこれからを変えることに繋がると信じて富士登山競走に臨もうと思います。頑張るぞ!