いい湯だなと言いたい生活

ランニングやアウトドアのことを中心に書いていきます

富士登山競走山頂コースの開催可否はまだ未定

f:id:iiyudana66:20190706065941j:image

山頂コースの開催可否について

山頂の久須志神社の石積みが崩落したことで富士登山競走の山頂コースの開催が今も未定の状態です。7月3日には富士登山競走のホームページが更新されており、山頂コースの開催可否は7月19日までに発表するとのことです。

以下は富士登山競走ホームページからの引用

過日、報道にもございましたとおり、山頂付近の仮復旧工事が始まっております。

しかしながら、作業の困難性や天候などにより、工事完了時期は判明しておりません。

山頂コースの通常開催の可否につきましては、7/11以降に現地を調査し、
関係各所と協議の上、7/19までには発表する予定です。

真に申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

この辺りは専門家に任せるしかなく、命に関わるような事なのでとにかく完全復旧を待ちたいところです。山頂コースが行われず五合目コースになってしまうと激しいクリック合戦を勝ち抜い人達にとっては無念だと思います。

 

富士登山は?

富士吉田ルートと須走ルートはまだ山頂まで行けない?

 すでにニュースにもなっていますが山梨県は富士吉田ルートの登山道を開山日の7月1日時点では八合五尺までと制限をかけました。途中から同じルートを通る静岡県の須走ルート(7月10日開山)も同じ状況です。こうなると同じく静岡県の御殿場ルートと富士宮ルートでしかしばらくは山頂に行けないことになります。そうなるとこの2つの静岡側のルートが混みそうなのでまた別の問題を起こしそうですね。富士宮ルートは登山道と下山道が同じ(しかも道が狭い)なので双方向の渋滞が起きる可能性さえあります。

世界遺産として富士山を楽しむ

f:id:iiyudana66:20190706070741j:image

富士山が世界遺産に登録されてから早6年が過ぎました。最近でこそ登録されて間もない頃よりも登山客や観光客は減ったと聞きます。それでもスバルライン五合目に代表されるように観光客の数は相当なものです。世界遺産に登録されたのは富士山だけでなく、その構成資産も世界遺産の一部です。あえて今年は山頂に登らずに、富士山の構成資産巡りをして改めて富士山の魅力を感じ取る年にしてもいいのかなと思います。私も構成資産はいくつか訪れた事がありますが、場所としても素敵ですし富士山との関係なども知っておくと次に富士山に登る時にまた違った富士山の魅力に気づけると思います。

構成資産
  • 1-1 山頂の信仰遺跡群
  • 1-2 大宮・村山口登山道(現富士宮口登山道)
  • 1-3 須山口登山道(現御殿場口登山道)
  • 1-4 須走口登山道
  • 1-5 吉田口登山道
  • 1-6 北口本宮冨士浅間神社
  • 1-7 西湖
  • 1-8 精進湖
  • 1-9 本栖湖
  • 2 富士山本宮浅間大社
  • 3 山宮浅間神社
  • 4 村山浅間神社
  • 5 須山浅間神社
  • 6 冨士浅間神社(須走浅間神社)
  • 7 河口浅間神社
  • 8 冨士御室浅間神社
  • 9 御師住宅(旧外川家住宅)
  • 10 御師住宅(小佐野家住宅)
  • 11 山中湖
  • 12 河口湖
  • 13 忍野八海(出口池)
  • 14 忍野八海(お釜池)
  • 15 忍野八海(底抜池)
  • 16 忍野八海(銚子池)
  • 17 忍野八海(湧池)
  • 18 忍野八海(濁池)
  • 19 忍野八海(鏡池)
  • 20 忍野八海(菖蒲池)
  • 21 船津胎内樹型
  • 22 吉田胎内樹型
  • 23 人穴富士講遺跡
  • 24 白糸ノ滝
  • 25 三保松原

こうやって改めて見ると富士登山競走の前日受付の日に行けるところも多いですね。なんなら9 御師住宅(旧外川家住宅)は登山競走のコース上ですしね。

 

富士登山競走まであと3週間。待ち遠しいです。本番も待ち遠しいですが前日に何をしようかというワクワクが強くなってきている気がします。