いい湯だなと言いたい生活

ランニングやアウトドアのことを中心に書いていきます

【富士登山競走に向けて】本番は目標達成できました

f:id:iiyudana66:20190808215057j:image

目標達成できたので振り返ります

4月から目標にしてきた富士登山競走五合目コースを無事に走り終え、来年の山頂コースの資格も無事に得ることができました。今更ですけど7月第4週の練習内容の振り返りなどを書いておきます。

7月最後の練習内容

7月第4週
  • 22日(月) 6㎞ジョグ 28分02秒
  • 23日(火) 9㎞ジョグ 44分40秒
  • 24日(水) 6㎞ジョグ 27分59秒
  • 25日(木) REST
  • 26日(金) 富士登山競走 15㎞
  • 27日(土) 6㎞ジョグ 30分05秒
  • 28日(日) 10㎞ジョグ 48分06秒
  • 29日(月) 6㎞ジョグ 27分21秒
  • 30日(火) 6㎞ジョグ 27分36秒
  • 31日(水) REST
  • 週間計 64㎞
  • 月間計 211㎞

 

月曜はやはり体調があまり良くならずに様子見のジョグ。本番のDNSは回避したいのと出場するなら疲労を残したくないので軽めで終えます。

火曜も少し距離を伸ばしてジョグ。疲労もないけど強い練習もしてないので本番のペースについていけるかは心配ごとの一つです。

水曜はさらに距離を伸ばそうと思っていたのですが仕事が長引いて帰りが遅くなったのでやむなく6時ジョグ。特にスピードを上げるでもなく本番前の最後の練習となりました。

金曜の本番は過去の記事で。

土曜日は疲労や筋肉痛が無かったことと、富士登山競走で情けない自分に腹が立ったので不整地を30分ジョグしてから100mダッシュを10本。なんかスッキリしました。

日曜日もジョグ。思ったより疲れがなくて、いつも通りな感じで走れました。いや、若干最後に疲れが出たかも。それでもやっぱり富士登山競走で出し切れてなかったんだなと実感します。筋肉痛もきませんでしたし。

富士登山競走を振り返って

もう走り始めて何年になるか分かりませんが、数ヶ月先に目標を置いてある程度計画通りに走ったのは今回が初めてです。ましてや月に100㎞以上を何ヶ月も連続して走るなんて今までの自分には出来なかったことです。

正直、富士登山競走のタイムには満足していませんが、目標を達成したことについてはある程度満足しています。今年で37歳になりますが、富士登山競走だけで見ると過去の自分より走れていることは間違いありません。限界はありますが、こうやってやった分が返ってくるというのはランニングの醍醐味です。この快感があるから目標がなくても何となくでも走ることを続けられたんだなと実感しています。

練習の経過

4月
目標:100㎞ 月間走行距離:125㎞
これまでもジョギングはしていましたが明確な目的を持ったものではなく言ってみれば惰性で走っていました。富士登山競走にエントリー出来たということもあり、来年の山頂コースの資格を取るという目標を定めて「走れる心と走れる体を作る」ことに軸を置きました。月間走行距離もクリアし、5月以降の練習を振り返っても「走れる心と走れる体」は作れたかなと思います。

5月
目標:160㎞ 月間走行距離:179㎞
4月からの延長でモチベーションを維持したまま練習出来ていたと思います。基本はジョグですが、登りが多いコース設定にしたり高尾山口〜陣馬山往復や大倉尾根から塔ノ岳という練習も出来て苦手だった登りの練習を積めました。

6月
目標:160㎞ 月間走行距離:191㎞
月初に富士忍野高原トレイルレースがあったことで登りの練習になりました。レースを入れるメリットというのはこういうところで実感できますね。後半には富士登山競走五合目コースの試走も入れられて順調ではありました。が、その後突然の不調に。

7月
目標:山頂コースの資格を取る 月間走行距離:211㎞
本番の月にも関わらず6月の不調を引きずりモチベーションが上がりきらず。その後、調子が戻ってきたら今度は体調不良と中々思うようにはいきませんでした。そのため5月6月と出来ていた登り特化の練習が出来ずに本番を迎えることに。ただそれでも目標だった来年の山頂コースの資格を得ることは出来ました。ちなみに富士登山競走までの月間走行距離は168㎞です。

 

こうやって目標設定して走ってこなかったので、プレッシャーを感じながらも楽しく出来ました。これから富士登山競走に挑戦しようと思っている人の参考になれたらいいなと思います。元々それなりには走れている人という前提ですが、大体2時間くらいでゴールするための目安になると思います。

 

夏休みを挟んで今年の後半の目標を決めていきたいと思います。